測量業務について

測量とは?

土地の境界を確定させたいとき、建築設計のため敷地の現況図が必要なとき、境界標が亡失したので復元したいときなど土地の測量が行われる場面は様々です。
これらの測量を、トータルステーションなどを使用し行います。

測量をしなければならない理由を簡単に言うと、正確にその土地の大きさ、カタチ、所在地がどこにあるかがわからなければ、誰もその土地の価値を認めてくれないからです。以下のような場合に測量が必要となります。
ご参考にしてください。

主な測量の種類

確定測量

土地の境界とは、人為的に区画された土地と土地の境のことをいい、この境界を確定させるのが境界確定測量です。
一般に「土地の境界が確定している」と第3者に主張するためには、下記の要件を満たしていなければなりません。

●その土地の境界に永続的な境界標(石、コンクリート、合成樹脂等の材質でできた杭で頭に十字や矢印で境界点を示すものや、構造物に十字や矢印の刻印にて境界点を示すもの、金属標、金属鋲等)が設置してあること。

●隣接土地所有者などの利害関係人とその境界線を確認した書面(境界確認書)があること。

●道路管理者との境界確定書等があること。

つまり境界確定測量は上記の要件を満たすために行うため、隣接所有者との境界の立会及び確認などの手続きが必要になります。
境界標や構造物がある場合でも、実際に現地を測量し、隣接土地所有者同士がその境界について確認をし、さらにそれらを担保するために隣接所有者の承諾を書面にてもらう等のことをすることにより、後の境界紛争の防止策になります。

現況測量

現況測量とは、現在ある建物や境界標、塀、柵などの構造物の位置を図面化するための測量で、土地境界に関しては立会いなどの確認を行いません。現状を知るための測量をいいます。
現況測量は、あくまでも現在の土地の状況をそのまま反映させただけの測量であり、土地境界については調査や確認を行わないため、算出される土地の面積は「現況面積」と呼ばれ、境界確認後の「確定実測面積」とは寸法や面積が異なってくることが多く、注意が必要です。

現況測量を行うことにより、トラブルが起こるリスクは減少できます。私たち土地家屋調査士は、安心できる建物の建築、不動産取引のお手伝いをさせていただいております。
また、ご希望によりご指定ポイントでの面積測量や高低測量(断面図作成)も行うことができます。ただし、正確に隣地との境界をはっきりさせ、所有地の正しい面積を求めるには、現況測量に加えて境界確定測量が必要となります。

  • 境界杭は確認されており、再度確認のための測量を行う場合
  • 土地の一部を売却するかどうか検討中なので、概略の現況をしっておきたいとき
  • 建築計画、開発計画などの事前準備、調査時などのときに主に行われます

杭の復元測量

工事や災害などにより境界標が無くなったり、移動してしまった場合に境界標を元の状態に復元するための測量です。法務局備付けの地積測量図やお客様保管の境界確認書、役所備付けの官民境界協定書等に基づいて、隣接土地所有者の立会いの上、境界標を復元いたします。

境界標があれば、誰が見ても境界の存在がわかりますので、土地の管理がしやすくなり、境界紛争は起こり難くなります。土地を譲渡(売却)することになった り、相続などで土地を分割する必要がでてきた場合でも、その土地に境界標が設置されていれば、処理はスムーズに流れますが、境界標が設置されていなかった 場合には、境界復元の作業などが発生しますので、それだけ費用と時間が掛かってしまいます。
また、塀などの構作物を築造する場合にも、境界標は必要です。
もし境界標がない場合は、法務局や道路管理者(県、市役所等)で調査した結果に基づいて測量し、境界標を設置しなければなりません。隣接地の所有者および道路管理者の立会も必要になります。

  • 工事により境界標が無くなってしまった
  • 災害により境界標が移動してしまった